児童手当て



共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ

児童手当

 

児童手当てとは


児童手当て制度が拡充されたっていうけどどういう風になったの?

1万円になったって聞くけどどのような制度?

児童手当ては平成19年4月に改正されました。

共働き夫婦でなくとも、子供を育てる上でとっても気になる児童手当。

児童手当がどう拡充されたのか知っておきましょう!


 <注意!!>
  
平成22年3月でこの制度は無くなり、
  平成22年4月から、子ども手当法が施行されました。
  しかしながら、今後、どのようになっていくのでしょうか。
  気になっている方も多いようですし、
  このサイトに「児童手当 所得制限」というキーワードで訪問される方々が多いため、
  過去の児童手当はこのような感じであったということの参考として
  このページを残しておきます。


 子供を育てるということは、とってもお金のかかることです。(お金とは単純比較はできませんが)
 
 毎月一万円もらえたからといって、それだけで育てられるものではありませんが、
 
 子育てのプラスになることは嬉しいことです。
 
 平成19年4月から、児童手当が1万円になったっていうけど
 
 どういうように変わったのか、また、その「児童手当一万円」はいつまでもらえるの?
 
 と思っている方も多いことでしょう。
 

 
<平成19年(2007年)4月分からの改正とは?> 

 
 児童手当は平成子育てを行う家庭の経済的負担の軽減を図る観点から、
 
 3歳未満の乳幼児に対する児童手当の額が、
 
 
平成19年4月分から第1子及び第2子について
 
 5000円増額(3歳の誕生月分まで)され、

 
 出生順位にかかわらず一律1万円となりました。
 
 下記に平成19年(2007年)4月改正のものと従来の旧制度を比較したものを
 
 記載しましたので参考にしてください。


 
<拡充の内容(手当月額の改正) ・旧制度との比較>

平成19年3月分まで (旧制度) 平成19年4月分から(改正後)

第1子・第2子 5,000円

第3子以降 10,000円

3歳の誕生月分まで
第1子・第2子 を10,000円に増額


※第3子以降の10,000円は従来通り
※3歳の誕生月の翌月分からは、
  従来通り第1子・第2子は5,000円 
※第3子以降の10,000円も従来通り)







共働き〜暮しと生活ラボ TOP

【送料無料】児童手当法の解説4訂

【送料無料】児童手当法の解説4訂
価格:3,360円(税込、送料別)

 共働きの
   出産と育児の研究

      
 使える制度は使いたい!   
<妊娠〜出産までの期間>
産休とは? 

出産育児一時金
出産手当金
 
<出産後〜期間>
育児休業とは
育休は夫も使える?
育児休業給付金
児童手当てとは
児童手当と所得制限
看護休暇(子のための)



パートと共働きの研究
   
 夫の扶養内でパートする?
103万・130万の壁の違い
103万円の壁
130万円の壁














オフィスにお家に
こだわりスイーツお届け!

Copyright (C)  2007 共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ All Rights Reserved
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。いかなる損害が発生した場合も、当サイトは責任を負いません。