出産一時金

出産育児一時金



共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ
出産一時金について
 

出産育児一時金


女性が妊娠したとき、出産育児一時金がもらえます。

妊娠は病気とは異なるので、健康保険が使えません

その代わりに出産育児一時金としてもらうことで、補います。
 
 健康保険に加入している妊婦さんであって、国民健康保険税等の義務をはたしていれば

出産育児一時金がもらえます。


 出産育児一時金は、     

子供一人につき42万円もらえます(2009年10月〜)


双子の場合は 42万円×2人=84万円。多産でも大丈夫です。
健康保険や、国民健康保険によっては、「付加給付」として42万円以上もらえる場合もあり
  
 出産育児一時金は、健康保険の被保険者もしくは、被扶養者である妊婦さんが
 
 妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した場合に支給されます。
 
 国民健康保険でも社会保険でも、手続き書等の提出先などが異なりますが
 
 2009年10月からは、子供一人の出産につき42万円が支給されることになりました
 (2008年12月までは35万円、その後2009年9月までは38万円でした)
 
   ※詳細は、社会保険事務局や、各市町村の国民健康保険担当に問い合わせると良いでしょう。
 
どのような形態で共働きしているかによって場合が異なりますが、

まず下記をチェックしてください。


@りん夫婦のような共働き会社員夫婦で奥さんが旦那さんの扶養に入っておらず、奥さん名義の保険証を持っている場合は、国民健康保険か、会社の健康保険(社会保険事務所)なのかをチェック!


A奥さん名義の保険証を持っていない場合は、旦那さんの健康保険が国民健康保険なのか、会社の健康保険(社会保険事務所)なのかをチェック!

 ※この場合は、家族出産育児一時金といいます。旦那さん名義(被保険者名義)で請求します。
 加入している健康保険から、 出産育児一時金が支給されます。

 もしも、諸事情で
退職せざるをえない人も

 退職日まで1年以上継続して被保険者であった期間があれば、

 たとえ退職したとしても、退職後6か月以内の出産について

 出産育児一時金を受け取ることができます。

 
 (詳細は各会社の健康保険組合等に聞きましょう)

                          

なお、国民健康保険ではない会社の健康保険を利用する場合、

42万円よりも多い出産一時金が給付されることもあるかもしれないので、

支給額は各会社の健康保険組合の規定等を確認するとよいでしょう。

 
<出産育児一時金の申請など


 2009年9月までは、申請後、出産育児一時金が支給されるという形をとっていました。

 2009年10月からは、出産にかかる費用に出産育児一時金をあてることができるよう、

 
健康保険からから出産育児一時金を医療機関等に直接支払う仕組み(直接支払制度)

 に変わりました。


 
そのため、以前までは出産費用を事前に自分で用意する必要があったのですが
 
 自分で用意する費用はなくなりました。

 ただし、しばらく準備がどうしても整わないなど、
 
 直接支払制度に対応することが直ちに困難な医療機関等については、
 
 例外的に、2011年3月31日までは直接支払制度の適用が猶予されることになっています。
 
 
詳細は、厚生労働省ホームページで確認してください。


  
<流産・死産だった場合>

どちらの場合ももらえますが、流産の場合は妊娠4ヶ月(85日)以上経過という条件があります。


共働き〜暮しと生活ラボ TOP

 共働きの
   出産と育児の研究

      
 使える制度は使いたい!   
<妊娠〜出産までの期間>
産休とは? 

出産育児一時金
出産手当金
 
<出産後〜期間>
育児休業とは
育休は夫も使える?
育児休業給付金
児童手当てとは
児童手当と所得制限
看護休暇(子のための)

パートと共働きの研究
   
 夫の扶養内でパートする?
103万・130万の壁の違い
103万円の壁
130万円の壁







































オフィスにお家に
こだわりスイーツお届け!


Copyright (C)  2007 共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ All Rights Reserved
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。いかなる損害が発生した場合も、当サイトは責任を負いません。