夫婦◇財布



共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ

夫婦の財布

 

夫婦の財布は1つ?別々?


みなさんは夫婦の財布をどのようにしていますか?

共働き夫婦の場合、二人で働いているわけですから

財源も当然二人あります。そこで、

@夫婦の財布を一つにするのか?
A夫婦の財布を別々にするのか?

ということを考えなくてはなりません。

このコンテンツでは夫婦の財布をどのように管理するのか?を考えてみます。



 

 @夫婦の財布を一つにするのか?
 A夫婦の財布を別々にするのか?

 

 これらの2つの選択肢。
 
 夫のみ働いているときは、財源は一つなので、自然に@という選択肢になるでしょう。。
 
 共働き夫婦の場合は、@を選択した場合、
 
 二人のお給料は、一旦、同じ所に集めます。
 
 給与振込みが二人同じというわけではないでしょうから、
 
 必ずしも1つの銀行口座に集めるというわけではありませんが
 
 二つの収入をまとめて、一つの財源とみなすという考え方です。
 
 この場合、1つの財源から何にいくら使うのかうまく割り振って、
 
 貯金の分も捻出することになります。
 
 1つの財源なのでいろいろと考えやすいといったことは利点だと思います。
 
 理想的なことを言えば、
 
 夫の収入から、家賃、生活費など、すべてをまかない、
 
 妻の収入分は、そっくりそのまま
 
 貯金にまわせるくらいに設定すると
 
 妻が子供を産んで、産休・育休をとった場合、
 
 (共働き状態ではなくなった場合)にも
 
 生活水準を維持しやすく、あまり無理がありません。
 
 また、一括して考えるため、
 
 夫婦のどちらか一方がお金のやりくりに長けて
 
 その人が握っていれば、うまくコントロールできます。
   
 一方、共働き夫婦の場合は、Aを選択する方も多いことでしょう。
 
 「A夫婦の財布を別々にする」
 
 と言っても、これにはいろんなやり方があります。
 
 私が知っている方法は、共働き夫婦は、夫も妻も収入があるわけですから、
 
 各人収入に合わせて、何パーセントづつを出し合って、
 
 そこから生活費、貯金すべてを捻出するというもので、
 
 出さなかったお金は、各人のお小遣いとみなすという考え方です。
 
 この場合、お互いの収入・貯金額を知らないことも多く、
 
 収入額は自己申告みたいなものですから、仮に残業が多くて収入が多かった月であれば
 
 二人用に出し合うお金は通常通り、お小遣いはたくさん!なんて状況も考えられます。
 
 この方法は、自由度は大きいかもしれませんが、
 
 夫婦二人ともがお金のやりくりに長けていないとお金が貯金しにくくなる可能性もあります。

 
  
  
 
 とはいえ、共働き夫婦には、
 
 一人一人が社会人なので 

 いろんな考え方があります。
 
 @、Aどちらの方法が良いかは
 
 夫婦二人の性格を研究して、
 
 より楽しく堅実に暮らせる方を選択すると
 
 良いと思います。

 そんな私たち夫婦の財布は、妻である私が財布を握っています。
 
 つまり@の方法です。 夫婦の財布を1つにする方法です。
 
 貯蓄やら、資産運用やら、毎月どのくらい使うかなど、
 
 やりくりするのが、私は結構楽しいし、
 
 楽しんでできているのでなかなか良い感じです。
 
 @の場合は、夫婦の財布に興味を持つ人が握ったほうが良いかもしれません。
 
 もちろん、計画性がなく好きなように使ってしまう方は握らないほうが良いでしょう。
 
 夫婦の財布を握ると、お金の動きが見えて身が引き締まりますが、
 
 締めすぎず、ゆるめすぎず、も大切ですよ!

 
共働き〜暮しと生活ラボ TOP

 共働きの貯金・節約・
    暮し・生活の研究
 
       
二馬力で貯めるぞ!
食費を賢く節約する意味 
賢い食費節約には計画を 

無理をしない手作り弁当 
夫婦の財布は1つ?別々?
車がない生活を検討
共働き貯金はまず目標
銀行口座を賢く分けよう!




Copyright (C)  2007 共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ All Rights Reserved
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。いかなる損害が発生した場合も、当サイトは責任を負いません。