130万円



共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ

130万円の壁

 

130万円の壁


103万円と130万円の壁の違いと、

所得税に関わる103万円の壁は理解できましたか?

130万円の壁は税金とは異なります。社会保険料に関するものになります。

管理人りんの個人的主観ですが、103万円と130万円の壁のどちらかを気にするとすれば

130万円の壁ではないのかな?と思います。

さて、その130万円の壁、もう少し詳しくみてみましょう。


130万円の壁について。

ここでも、103万円の壁の時と同じように一般的に多いと思われる

「夫正社員、妻パート」の共働き夫婦について考えてみたいと思います。

(逆の人は、夫→妻 妻→夫に入れ替えて考えてくださいね!)

まず、復習ですが、

130万円の壁は、社会保険の被扶養者に該当するのかどうかが問題であることは、

103万・130万の壁で説明しました。

パート共働き妻さんは、どうしてもお給料のことが気になって、

所得税が関わってくる103万円の壁に主役をうばわれがちですが、

130万円の壁はなかなか手ごわい相手です。

130万円の壁とは

「パート共働き妻さんの収入が年間130万円以上になると

 夫の扶養を受けられなくなり、

自分で社会保険料(健康保険+年金保険料) を納めなければいけない」


というものです。

(注意:103万円の壁は103万以下で103万円ジャストを含みますが、130万円の壁は

130万円未満であり、130万円ジャストは含まれません)

この
社会保険料を納める境目が「社会保険料に関する130万円の壁」です。

パート共働き妻の年収が130万円を少し越えて、

社会保険料を支払った場合、

手取り金額は、パートで年収129万円の人よりも少なくなってしまいます。

その手取り金額は、結構減ってしまうため

もしも、気にするのであれば、103万円の壁よりも、130万円の壁ということになります。

実際、この手取り金額の多い・少ないで、

パート共働き妻の年収を130万円以下に抑えようと考える人は

非常に多いようです。

パート共働き妻さんの年収が130〜150万円くらいであれば

パート共働き妻の税金と社会保険料の支払い発生に加え、

夫の税金支払いも増加するため、手取りでは損をしてしまう
計算になるようです。

税金でも、社会保険料でもすべて夫の扶養からぬけて働いて、

さらに、世帯収入もふやそうとするのであれば、

150万円以上、
可能であれば160万円以上くらいは稼がないと、

世帯の手取りとしての収入は増えないという計算になるようです。


この手取りで損をしてしまう範囲に、収入が入ってしまうパート共働き妻さんは、

働き方を考える価値はおおいにあるでしょう。

でも、社会保険料を納めることによるメリットもたくさんあるんですよ!。

例えば、厚生年金に加入した場合は将来受け取る年金が増えます。

また、会社の健康保険に加入すれば、今までは加入者本人しか適用されなかった

傷病手当金や出産手当金などの給付を受けることだってできるんです。

とはいうものの、社会保険料は結構大きいのが現実。

社会保険の軽減が損なのか得かは、各家庭、各夫婦の事情によると思いますが、

家族全体を収入面だけでなく、総合的にみて考える必要があると思われます。




共働き〜暮しと生活ラボ TOP

 共働きの
   出産と育児の研究

      
 使える制度は使いたい!   
<妊娠〜出産までの期間>
産休とは? 

出産育児一時金
出産手当金
 
<出産後〜期間>
育児休業とは
育休は夫も使える?
育児休業給付金
児童手当てとは
児童手当と所得制限
看護休暇(子のための)

パートと共働きの研究
   
 夫の扶養内でパートする?
103万・130万の壁の違い
103万円の壁
130万円の壁









































オフィスにお家に
こだわりスイーツお届け!


Copyright (C)  2007 共働き.net 共働き〜暮しと生活ラボ All Rights Reserved
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。いかなる損害が発生した場合も、当サイトは責任を負いません。